必須アミノ酸

吸収の良いローヤルゼリーとは

あなたは、栄養食品をどのように摂りますか?
ローヤルゼリーには、瓶に詰められた「生」と、水分を除去した「乾燥」、そして、添加物が含まれる「調整」と三つの種類があります。
ローヤルゼリーははちみつと違い、甘くなく、逆に酸味があり、癖のある匂いがします。

特に、「生」だと、新鮮ではありますが、直接舌に載せるので、味をダイレクトに感じる事になります。
そのため、続けられないという人もいるようですが、たくさんの栄養を含んでいます。
自分あった摂取方法を選択し、毎日摂ることが重要です。

もう一つ重要なことは、体に吸収されやすいかどうかです。
どんなに豊富な栄養を含んでいたとしても、体に吸収されなければ、摂った意味がありません。
栄養が体内に入ったとき、吸収する箇所があります。

まず口に入ってすぐ、舌の上、また、舌の下の部分です。
そして胃、小腸です。
しかし、ローヤルゼリーは熱などに弱く、まして、胃に到達したときに、胃酸に栄養を壊されて、体に吸収され無くなってしまいます。

もう一つの消化器官、小腸にも届かなくなり、結果的に、身体には効果が感じれれないなんてことも。
そんなローヤルゼリーに適した摂取方法は、舌の下から吸収させるという方法です。
意外かもしれませんが、舌下でも、栄養は吸収されるのです。

舌下から吸収すると、すぐに血管に取り込まれ脳に到達します。
一番、効果が感じられやすいのです。
しかし、ローヤルゼリーの味は、美味しいとは言えません。

ローヤルゼリーに含まれる、特有の成分「デセン酸」http://www.broadwaycalls.com/karadaniii.htmlという物質は酸性で、舌にのせると、刺激があります。
苦手な人は、ずっと口に含んでいられません。
そんな時は、腸で吸収されるように加工されたカプセルなどがおすすめです。

特殊加工されたカプセルは、胃酸では成分を壊されないようにできており、腸に栄養がしっかり届きます。
すると、で吸収できますので、効果が感じられるのです。
また、お茶やコーヒーなどと摂取するのは避けてください。
これらに含まれるタンニンが、ローヤルゼリーに含まれる鉄分と結合し、栄養の吸収を阻害します。
色々な種類がありますので、しっかり吸収されるローヤルゼリーを選んでくださいね。

このページの先頭へ